『効果的に伝える Web配色標準デザインガイド』

アマゾンで予約していた『効果的に伝える Web配色標準デザインガイド』が届きました。
効果的に伝えるWeb配色標準デザインガイド―ユーザビリティ/アクセシビリティ/マーケティングを考慮したサイトの色彩設計から配色の実際まで
ある程度色彩を勉強したWeb制作関係者にこそ、読んですぐに使える!本だなー、と思いました。
Webサイトの配色に関する本は結構でてますが「どうやってその配色を生み出すのか」を解説した本はこれがはじめてではないかと思うんですよねー。
配色変えたダケ、で、売上が4割増しになったECサイトなんかもあるぐらいで、色って実はすごーーく大切なのですが、そこらへんちゃんと書いてあるんです。


興味深かったのが、サイトの目的によっては、文章を注目させたい、バナーを目立たせたい、などいろいろ違ってくるのですが、それを配色でどうフォローするのか・できるのか、が、理解できる内容になっていた点に感心しました。
また、クライアントの好みとどれぐらいで折り合いをつけるのか、など実際制作現場にいる人なら「大事ソコ!」と共感できる部分が結構多かったのもよかったですね。
最後に入っている5つの設計事例は、歯科医院、システム開発会社、ネットショップなどのいろんなジャンルのサイトを配色設計していく課程が具体的に紹介されているので、自分の仕事に置き換えやすい配慮がされている点もマル。説得力のある1冊でした。
著者による、オンラインWeb配色ツールなんかもあったりして、コレは本当に使えます。よくある配色に関するサイトでは、3色程度の配色が表になっているぐらいですが、これは、
メインカラー
ロゴ
ボタン
ボタン背景
見出し1
見出し背景
見出し2
背景色
と「ふつう、それだけ要るわな~」という色が各種わかってしまう!素晴らしい。
と、かなりほめてしまいましたが、この本の著者の坂本くん。
実は、地元大阪で中高一緒だった同級生
なんです。
だからって、それだけで必要以上に持ち上げてる訳じゃないですよっ(笑)。
正直いって、12歳~18歳という多感な時期を知っていて、特に高校時代はかなりつっこんだ議論もしてた友人の一人なだけに、応援したい気持ちがあるのはもちろんですが、それ以上にかなり悔しい。くそー、いい仕事してるやんか!って意味で。(あぁ、心が狭い私です(笑))
もうすぐ出る、Web Site Expert #04
にも、Webカラーで原稿書いているとのことだし、そっちも期待してますよー!
「うげげげ!な配色のWebサイト」が少なくなるために、これからもますます活躍してくださいませ!>坂本くん

Web Site Expert #04
Web Site Expert #04

posted with amazlet on 05.09.28
Web Site Expert編集部
技術評論社 (2005/09/30)

Follow me!

5 Replies to “『効果的に伝える Web配色標準デザインガイド』”

  1. ものすご~くほめてくれてありがとう(笑)
    悔しがらせるような仕事が出来て満足です。
    僕としてはそっちの本も楽しみにしてますけど・・・まだですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA