3月29日から、楽天で共同懸賞企画開始

昨年から種まきしてあった、楽天での企画。
冬に、こんな企画(「AbabAふくい 冬の合同企画」)をやったのですが、
その店舗さんにプラスして、今度は30店舗規模での開催です。
しかし、さすがにこの手のイベント慣れしている、
大手ショップさんは、企画に乗るのも、ページアップするのも、
素早いですねぇ~。
即!
というスピーディーさが、必要だわねぇ、と改めて実感する、
仕込みの一週間なのでした。
今日は午後から、私も 久々に Photoshoper になります(笑)

ぽっくり逝く

今日、某クライアントに教えてもらった話なのだけど、
群馬県の太田市に、はじめて温泉施設ができた話。
安眠の湯
温泉を掘り当てた方は、何年も、何億もつぎこんで、
周りからはバカだと言われながらも、夢を追っていて、
やっと掘り当てたぞ!となったら、ご本人は、
ぽっくりとお亡くなりになってしまったのだそうです。
温泉は、遺族に残して、夢を実現させて、
一生終わるなんて、すごいなー。
まるで漫画のようですねぇ(笑)

素直に応援できるかどうか

広報のお手伝い、具体的にはプレスリリースの作成や配信の代行に
関わって、約4年の月日が流れた。
一人でできる本数は限られるため、
もっと効率化しなくては、
本当に、私が応援したい企業が、サービスが、
プレスリリースの力を借りて、世に送り出る機会が薄れてしまう…!
そんな焦りも持ちながら、
結果に結びつく企業様も、出ていて、うれしい限り。
広報するには、素直な気持ちで、その会社のファンになれるか?
企業理念は、しっかりしているか?
社会的に貢献できる理念を持っているのか?
そんな事が、本当に大事だと、つくづく思う。
うそのリリースはかけない。
そんなものは、すぐに見破られてしまうから。
そして、会った事のない経営者の会社のリリースも、
なかなか書きづらいものだ。
でも、幸いにして、信用できる方から、この会社を、ぜひもり立ててください。
と、お願いされた場合は、よ~しがんばるぞ!という気になるし、
そういった企業の場合、実はリリースを流したことはないけれど、
一部業界では、しっかりとしたポジションに位置されている堅実な企業が
多く、後は、一般的な場所に、いかに登場するか?
そのお手伝いをするだけなので、これはとても、やりやすいのです。
なぜなら、ウリがはっきりしているから。
自分自身、個人事業として、起業して2年半がすぎたけれど、
特徴がない事業は、続きませんもの。
そうして、他社様のリリース原稿を作成する事を通して、
常に「じゃあ。自分はどうなの?」と、反省したり、励まされたり。
おもしろい仕事と出会えてよかったなぁ。

blog map

#画像リンクは別ウィンドウで開きます

これ、おもしろい。
私もマーキングしときました。

春からの入園決定です

2000年生まれの上の子が、めでたく春から入園が決定。
定員オーバーと言われ、あきらめかけていただけに、かなりうれしい。
さて、甘えん坊は、がらっと変わるんでしょうかね~。
楽しみ。